簡単ダイエットの方法

Page 2 of 5

こんにゃくダイエットの効果で必ずやせる方法

持論から言っても「夕ごはんを軽めにすれば痩せます!」。このように、ハッキリと断言してしまいたいぐらいに、夕ごはんを軽めにするだけで、自然と体重は減って行く傾向があるのです。

夕ごはんをチョコレート菓子にしようが、パンにしようが、ごはんにふりかけだけにしようが、内容はともなく少量におさえれば(低カロリーだとなお良い)、体重は減っていくのです。

しかし、それが難しいのですよね…。反対に朝ごはんを軽めにしたところで、減量としてはあまり影響が出ないところが悲しいのですよね…。やはり一日の終わりのごはん、就寝前のごはんを軽めにすることが目標体重へと向かう近道だと言えるでしょう。

けれども、一日の終わりのごはんがもっとも楽しみとも言えますから、夕ごはんを軽めにすることは難しい…。仕事から帰って自宅に戻ると、ホッとしてついつい食べ過ぎてしまうのです。

ですから、私は「夕飯軽めダイエット」を成功させるべく、「夕ごはん前にこんにゃくを食べる」という一工夫を入れていました。こんにゃくにより、ある程度お腹は満たされて、暴食を防げるのです。

プチ断食は必ずやせる?プチ断食失敗の体験談

プチ断食といって48時間、水以外のものを食べるのを止めたこともあります。

家族の分の食事は作らなきゃいけないので、それが一番辛かったです。空腹で目の前に料理があるというのは酷なことでした。でも48時間が過ぎて最初に出汁だけの味噌汁を飲むのですが、それがとっても美味しくて体の中に染み渡る感じでした。

そのあと、おかゆから薄味の料理へと徐々に体を慣らしていくのですが、何を食べても美味しかったです。

結局痩せなかったんですが、体がリセットされスッキリした気持ちになれました。たまには、プチ断食をするといいのでしょうが、やる前に気合いをいれないとできないので最近は全然やっていません。

夜は8時以降食べないとか、夜は炭水化物を取らない方が長続きや効果的だと思います。

あと、朝食をたくさん食べて、昼は普通、夜はこんにゃく料理だけダイエットというのをしたことがあります。

2週間くらいするとこんにゃく料理に飽きて、結局これも痩せられませんでした。

グリーンスムージーでダイエットの効果※朝・昼・夜

私が今しているダイエットはグリーンスムージーダイエットです。

グリーンスムージーは美味しくて栄養がいっぱいですごいですよね♪

私のグリーンスムージーのやり方は、基本それまでの生活でも昼と夜の二食だったのですが、そのお昼ご飯をグリーンスムージーにするというものです。

それで、夜までお腹すかないの?と思われた方もいらっしゃいますと思いますが私は腹もちがよいように、そしてタンパク質をしっかりとれるように工夫しています。

普通グリーンスムージーを作る時は緑黄色野菜とバナナなどのフルーツとお水をミキサーに入れて作ると思うのですが、私はお水の代わりに豆乳を入れています。

そうすると、とっても腹もちが良くなって夜までそんなにお腹がすかないんですよ。

でも、グリーンスムージーを作るのって手間がかかるじゃないですか。それで面倒くさくなってしまうこともあるんです。

そういう時に備えて、私は粉末のグリーンスムージーも常備しています。それなら豆乳に溶いて飲むだけです。順調に体重が減っていますので今後も続けたいと思います。

有酸素運動でやせるダイエット効果がすごい※消費カロリーを増やす方法

ダイエットは基本的には消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすか、またはその両方をするかしかありません。

消費カロリーを運動などで増やすことは運動で消費するカロリーが自分が思っていたほど大きくないのでダイエットの成果が上がるのが大変なので、どちらかというと成果が出やすい摂取カロリーを減らすほうに傾きがちになります。

しかし、摂取カロリーを極端に減らすダイエットは成果が上がることは上がりますが、健康的なダイエットとはいいがたいので、摂取カロリーは必要な分はとることにして運動量を増やし消費カロリーを増やすことを考えるべきです。

そのためにはダイエットをあまり短期間で実行することを考えずに長期間で計画的にすることが必要となります。

そしてあまり激しい運動でなく、ゆっくりとした運動で構わないので、長期間継続してできるような運動を選択すべきでしょう。脂肪の燃焼が大きくなるウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることが効果的でしょう。

ウォーキングダイエットの成功談※効果が出るウォーキング時間

ダイエットの目的でウォーキングをすることがありますが、ジョギングスーツに着替えて運動モードで汗を流すよりも、日常生活の中に運動を取り入れる方が何かと楽です。

なので、通勤で駅まで歩く時に回り道をするなどして歩く距離を伸ばすようにしています。時間の無いときには最短ルートで駅まで到着しますが、比較的時間に余裕がある帰りには駅を一つ手前で下りるなどして歩く距離を自分で調整するのです。

毎日40分程度なら疲労感もないし、翌日の仕事にも影響が無い事が分かったので、時間の許す限り自分の行きたいお店などを見て回るのです。ペットショップやビデオレンタルショップ、ホームセンターや家電量販店など、毎日違うお店を回れば意外と飽きずに続ける事ができます。

ウォーキングの良い点は、歩くことに慣れてくると初めて行く町を探索する楽しみがあるのです。いつもと周りの風景が違うので疲労感を感じずに歩き続けることができます。ダイエットで運動しているという意識をせずに歩き続けることが重要であると感じます。

« Older posts Newer posts »

Copyright © 2018 簡単ダイエット方法info

簡単ダイエットUp ↑