ダイエットは基本的には消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすか、またはその両方をするかしかありません。

消費カロリーを運動などで増やすことは運動で消費するカロリーが自分が思っていたほど大きくないのでダイエットの成果が上がるのが大変なので、どちらかというと成果が出やすい摂取カロリーを減らすほうに傾きがちになります。

しかし、摂取カロリーを極端に減らすダイエットは成果が上がることは上がりますが、健康的なダイエットとはいいがたいので、摂取カロリーは必要な分はとることにして運動量を増やし消費カロリーを増やすことを考えるべきです。

そのためにはダイエットをあまり短期間で実行することを考えずに長期間で計画的にすることが必要となります。

そしてあまり激しい運動でなく、ゆっくりとした運動で構わないので、長期間継続してできるような運動を選択すべきでしょう。脂肪の燃焼が大きくなるウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることが効果的でしょう。