1日3回の食事のうち1回だけを低カロリーな食品に置き換えるダイエット方法がいくつも考案されています。あまりにもカロリーが低い食事を少量だけ食べると、体のカロリー摂取バランスが崩れて痩せにくい体質になってしまうので、置き換える食品もある程度のボリュームが必要になります。

栄養価も良くて食べやすい低カロリー食品がヨーグルトです。特に体に多くの栄養分を補給したい朝食にヨーグルトが最適です。起きて時間が経過していない時には食欲も高まってこないので、味がはっきりしているヨーグルトは摂取しやすい食品です。

ヨーグルトだけを摂取するのではなく、スライスしたバナナを入れてみること。ムギなどの穀物類が主成分であるミューズリーを入れる事も有効です。ミューズリーは、グラノーラの甘い水飴やキャラメルでコーティングされた部分を取り除いた食品です。

また、食物繊維を加えて体の抵抗力を強め、疲労回復効果を期待して青汁の粉末をヨーグルトに加えるのも良い方法です。抹茶ヨーグルトの風味で、多くの野菜類の効果を得る事ができます。