ダイエットの目的でウォーキングをすることがありますが、ジョギングスーツに着替えて運動モードで汗を流すよりも、日常生活の中に運動を取り入れる方が何かと楽です。

なので、通勤で駅まで歩く時に回り道をするなどして歩く距離を伸ばすようにしています。時間の無いときには最短ルートで駅まで到着しますが、比較的時間に余裕がある帰りには駅を一つ手前で下りるなどして歩く距離を自分で調整するのです。

毎日40分程度なら疲労感もないし、翌日の仕事にも影響が無い事が分かったので、時間の許す限り自分の行きたいお店などを見て回るのです。ペットショップやビデオレンタルショップ、ホームセンターや家電量販店など、毎日違うお店を回れば意外と飽きずに続ける事ができます。

ウォーキングの良い点は、歩くことに慣れてくると初めて行く町を探索する楽しみがあるのです。いつもと周りの風景が違うので疲労感を感じずに歩き続けることができます。ダイエットで運動しているという意識をせずに歩き続けることが重要であると感じます。